投稿日:2023年6月26日

上下水道工事の歴史をたどる!時代とともに進化する技術と環境問題

こんにちは!
有限会社戸川設備工業は、設備工事・水道工事を得意としており、茅ヶ崎市・平塚市を中心に仕事に取り組んでいます。
今回は、上下水道工事の歴史と時代とともに進化する技術と環境問題についてご紹介します。

上下水道工事の進化

人差し指を出すスーツの男性
江戸時代初期には、上水道は東京湾から引いた木製の水道管を利用する水道も整備されていました。
木製水道管は、水漏れが多く、腐食しやすいという欠点がありましたが、当時の技術水準では最も合理的な選択肢であったとされています。
江戸時代の日本では下水道が存在せず、人々は川や海に汚水を捨てていました。
人口増加に伴い、排泄物が川や海に流されることで、水質汚染が進行しました。
各町に共同浴場が整備され、排泄物を処理する施設が建設されるなど、下水道整備も進みました。
江戸時代の上下水道の整備は、都市化の進展に合わせて発展していきました。

明治時代の上下水道工事

明治6年には、東京市(現在の東京都)において、日本初の近代的な上水道である「麻布水道」が完成しました。
また、明治中期には、下水道の整備も進み、日本初の下水道が東京市に建設されました。
この下水道は、東京湾に直接排水する海洋式下水道で、浄化施設がなかったため、汚水が海に直接排出されるという問題がありましたが、後に浄化施設が整備され、改良が進められました。
明治時代の上下水道整備は、都市の近代化に伴い、急速に発展しました。
上水道においては、木製水道管から石製や鉄製の水道管へと変化し、下水道においては、海洋式下水道から地下へ式浄化施設を備えた管路式下水道へと進化しました。
このような上下水道の整備は、都市の衛生環境の改善や公衆衛生の向上に大きく貢献し、現代の都市化の基盤となっています。

戦後の上下水道工事の進化

戦後、日本は高度経済成長を遂げ、上下水道工事も進化しました。
地下に埋める方法や下水処理技術が改善され、衛生面が向上しました。
しかし、高度経済成長による大量消費社会の進展に伴い、新たな環境問題が浮上してきました。

現代の上下水道工事と環境問題

現代の上下水道工事では、地下に埋めるだけでなく、河川や海洋に汚染を与えないよう、水処理技術の向上に力を入れています。
また、排水中の有害物質を除去するための研究も進んでいます。
しかし、人口増加や地球温暖化による気候変動など、新たな環境問題にも対応する必要があります。

建設業で働きたいなら有限会社戸川設備工業へ

RECRUIT
設備工事・水道工事をお仕事にしたい方へ!
有限会社戸川設備工業では、新たに求人募集を行っています!
当社で一緒に仕事をしたい方は、この後お伝えする当社の求人情報ページよりぜひご応募ください。
詳しい求人募集の内容については、求人情報ページをご覧いただくか、電話でお気軽にお問い合わせください。
一緒に働きましょう!
最後までご覧いただきありがとうございました。

有限会社戸川設備工業
〒253-0111 神奈川県高座郡寒川町一之宮4-7-2
TEL:0467-33-4858 FAX:0467-74-8449
※営業電話お断りします


関連記事

汚水本管布設状況

汚水本管布設状況

汚水本管の布設状況をご紹介します。 汚水本管布設状況 汚水本管布設工事とは 汚水本管を土の中に埋めて …

経験・学歴一切不問!水道工事の求人募集!

経験・学歴一切不問!水道工事の求人募集!

求人募集 ただいま弊社では、現場スタッフを求人募集しています。 弊社は、神奈川県高座郡を拠点に茅ヶ崎 …

【転職者歓迎】土木作業員に向いている人の特徴とは?

【転職者歓迎】土木作業員に向いている人の…

高座郡寒川町を拠点に神奈川県内で活動する土木工事業者・有限会社戸川設備工業では、新規スタッフを求人中 …

お問い合わせ  採用情報